[tex: ]

2017-05-05から1日間の記事一覧

特性類講義より:多元環と射影空間の接束

Stiefel の定理として述べられている主張 定理 4.7 (Stiefel) 双線型で零因子を持たない写像 \[\mathbf{R}^n\times\mathbf{R}^n\to\mathbf{R}^n\] が存在するような \( n\) に対して、\( \mathbf{P}^{n-1}\) (実射影空間) は平行化可能である(=接束が自明…